電子ピアノ 運ぶ 料金

ピアノの引っ越しが格安の業者を探す方法

ピアノ 引っ越し

ピアノ 引越し

ピアノ 運搬

ピアノ 配送

 

ピアノは高級な楽器です。
そのため、以前はピアノを運ぶには専門業者に依頼する必要がありました。

 

今はピアノの配送を扱っている引っ越し業者が増えました。しかし、小さな引っ越し業者では扱いがないところもあります。

 

 

引っ越しの時にピアノを運んでくれる引っ越し業者を探すなら、引っ越し業者一括見積もりがオススメです。
あなたのお住いの地域に対応できてピアノを運んでくれる業者、最大10社からまとめて見積もりを取ることができます。

 

>>引越し一括見積もりはこちら<<

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

自分でピアノを運んでくれる業者を探して何度も連絡する必要はありません。
大手から地元の引っ越し業者まで200社以上が参加しています。

 

簡単便利なのに、利用料は無料です。
ぜひご活用ください!

 

 

 

ピアノの運び方

ピアノを運ぶ

ピアノの重さって、ご存知ですか?
アップライトピアノが約220〜270kg、グランドピアノが約300〜350kgもあります。
こんなに重いと、自分たちで動かすのは危険ですね。

 

ピアノはどうやって運ばれるのでしょう?

 

ピアノは2〜3人のスタッフで運びます。
ピアノを運び出す経路を確認して、邪魔になる家具は別の場所に移動しておきます。
ちょっと持ち上げたら専用の台車に載せて運び、段差などがあればベルトで固定して運び出します。

 

グランドピアノは分解できるので、まずはばらしてから運び出し、再び組み立てる作業を行います。

 

エレベーターも重さ制限があるので、場合によっては使えないことがあります。
そうなるとベランダからの吊り下げ作業が必要です。
ピアノ専門のクレーン車などでベランダからピアノをおろします。

 

ピアノはデリケートな楽器なので、雨は苦手です。
大雨や台風の場合は、運搬が中止になります。

 

このように、ピアノの運搬はなかなか大変な作業です。

 

 

 

引越しまでにしておくこと

 

引越しの時に一番運ぶのが大変なのは冷蔵庫だと思います。大きなものは100kgを超えますので素人が運び出すのは危険です。最近は大きな家財だけを引越し業者に依頼するという方法も出来ますので、無理はしないようにしましょう。

 

冷蔵庫には中身があります。引越し当日までに出来るだけ食べて処分しておきましょう。そして氷も出しておきます。冷蔵庫のコンセントは前日までに切っておくと霜が解けて水が出ます。その水も捨てておいてください。そうすれば引越し当日、冷蔵庫の運搬はかなりスムーズにできます。
あと困ることは暖房器具に残った灯油です。ファンヒーターやストーブ、ポリタンクに残った灯油は危険物なので引越し業者に運ぶのを断られても仕方ありません。残り少ない場合はベランダなどでストーブをたいて使い切りましょう。もし、使い切れそうにないほど沢山灯油が余っているなら、ガソリンスタンドなど処分してくれるところに持っていきましょう。

 

すべてのガソリンスタンドが対応してくれるわけではないので、電話して確認してから行きましょう。