電子ピアノ 運ぶ 料金

ピアノの引っ越しが格安の業者を探す方法

ピアノ 引っ越し

ピアノ 引越し

ピアノ 運搬

ピアノ 配送

 

ピアノは高級な楽器です。
そのため、以前はピアノを運ぶには専門業者に依頼する必要がありました。

 

今はピアノの配送を扱っている引っ越し業者が増えました。しかし、小さな引っ越し業者では扱いがないところもあります。

 

 

引っ越しの時にピアノを運んでくれる引っ越し業者を探すなら、引っ越し業者一括見積もりがオススメです。
あなたのお住いの地域に対応できてピアノを運んでくれる業者、最大10社からまとめて見積もりを取ることができます。

 

>>引越し一括見積もりはこちら<<

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

自分でピアノを運んでくれる業者を探して何度も連絡する必要はありません。
大手から地元の引っ越し業者まで200社以上が参加しています。

 

簡単便利なのに、利用料は無料です。
ぜひご活用ください!

 

 

引っ越し業者のオプション

 

引っ越し ピアノ オプション

 

引越し料金は、人件費と輸送費とオプション代とで成り立っています。
ではこのオプションにはどんなものがあるのでしょうか?

 

代表的なオプションには以下のようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

このようなものがあります。

 

中でも依頼がおおいのがエアコンの取り付け・取り外しです。
エアコンの移設は自分でやろうと思ってもできませんし、自分で電気屋を手配するのも引っ越し前と後に2回必要なので面倒です。
しかし引越し業者のオプションで依頼しておけば、専門の業者が来てやってくれます。
自分で手配する手間が省けますし、料金も自分で依頼するのとさほど変わりません。

 

ピアノの運送はオプション扱いになります。
なぜならピアノは高額な楽器ですから、万が一壊してしまった場合の補償が高額になります。
小さな引っ越し業者はピアノの運送を扱わないところもあるほどです。

 

ピアノ運送の専門業者やピアノ運送の専門部署のある引越し業者でないと運ぶことが出来ません。

 

 

引越し業者の繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越し業者には1年で一番忙しい繁忙期があります。
この時期は日本全国、どこの引越し業者も予約が一杯で大忙しですから、ピアノの引越しなども費用が高めになります。
もし可能であれば、繁忙期は避けましょう。

 

では引越し業者の繁忙期とはいつの事でしょう?

 

それはズバリ3月です。
4月からの新学期を前に多くの新大学生や新社会人が新天地での生活の準備をします。
どうしても時期をずらしたり避けられないため、引越し業者への予約が相次ぐのです。

 

さらに春の大規模な転勤ラッシュも新学期の前に行われますから、転勤の辞令が出たサラリーマンやその家族の引越しも重なります。
だから繁忙期は引越し費用が安くできないのです。

 

 

ピアノの運び方

ピアノを運ぶ

ピアノの重さって、ご存知ですか?
アップライトピアノが約220〜270kg、グランドピアノが約300〜350kgもあります。
こんなに重いと、自分たちで動かすのは危険ですね。

 

ピアノはどうやって運ばれるのでしょう?

 

ピアノは2〜3人のスタッフで運びます。
ピアノを運び出す経路を確認して、邪魔になる家具は別の場所に移動しておきます。
ちょっと持ち上げたら専用の台車に載せて運び、段差などがあればベルトで固定して運び出します。

 

グランドピアノは分解できるので、まずはばらしてから運び出し、再び組み立てる作業を行います。

 

エレベーターも重さ制限があるので、場合によっては使えないことがあります。
そうなるとベランダからの吊り下げ作業が必要です。
ピアノ専門のクレーン車などでベランダからピアノをおろします。

 

ピアノはデリケートな楽器なので、雨は苦手です。
大雨や台風の場合は、運搬が中止になります。

 

このように、ピアノの運搬はなかなか大変な作業です。

 

 

引越しの挨拶とマナー

 

引越し 挨拶

 

引越ししたらご近所にあいさつに行きましょう。

 

すべての家に挨拶に行く必要はありません。
一軒家なら昔から「向こう3軒両隣」と言いますし、マンションやアパートなら「左右・上下の部屋」に行くのが一般的です。

 

あとは管理人さん・大家さん・自治会長さんなど、お世話になる可能性の高い人はできるだけ挨拶しておくと良いかと思います。

 

初対面ですから、熨斗(のし)に「御挨拶・氏名」を書いた粗品を渡すと名前も覚えてもらえるのでオススメです。

 

粗品は高価である必要は全くありません。
貰ったほうが気が引ける者よりは500〜1000円程度のもので構いません。

 

お菓子・お茶・コーヒーなどの食品やタオル・洗剤などの日用品や消耗品が人気があります。

 

さていつ挨拶に行けばいいのでしょう?

 

引越しのあいさつは引越し前か引越し当日に行くのが一般的で、遅くても引越し翌日までには行きましょう。

 

なぜこんなに早く行く必要があるのかと言いますと、引越しのときにトラックを停めたり、ドタドタ足音がするからです。
「引越しの作業で、騒がしくして申し訳ありません」という意味合いもあるわけです。
ですから引越し日までに挨拶に行くのがオススメです。

 

第一印象は大切ですから、できるだけ挨拶には行ってくださいね。

 

 

引越しまでにしておくこと

 

引越しの時に一番運ぶのが大変なのは冷蔵庫だと思います。大きなものは100kgを超えますので素人が運び出すのは危険です。最近は大きな家財だけを引越し業者に依頼するという方法も出来ますので、無理はしないようにしましょう。

 

冷蔵庫には中身があります。引越し当日までに出来るだけ食べて処分しておきましょう。そして氷も出しておきます。冷蔵庫のコンセントは前日までに切っておくと霜が解けて水が出ます。その水も捨てておいてください。そうすれば引越し当日、冷蔵庫の運搬はかなりスムーズにできます。
あと困ることは暖房器具に残った灯油です。ファンヒーターやストーブ、ポリタンクに残った灯油は危険物なので引越し業者に運ぶのを断られても仕方ありません。残り少ない場合はベランダなどでストーブをたいて使い切りましょう。もし、使い切れそうにないほど沢山灯油が余っているなら、ガソリンスタンドなど処分してくれるところに持っていきましょう。

 

すべてのガソリンスタンドが対応してくれるわけではないので、電話して確認してから行きましょう。